「Alipay」をフロントとレストランでの取扱開始(ホテル日航熊本)

2018年3月16日17:54

ホテル日航熊本は、2018年4月1日から、中国最大のモバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」を導入し、フロントとレストランでの取り扱いを開始すると発表した。

ホテル日航熊本では全宿泊者数のうち訪日外国人が約20%、そのうち約半数を中国・香港人客が占め、今後も増加が予想されるという。同ホテルではすでに「銀聯カード」を導入しているが、今回、中国で主流となっているAlipayを導入することによってさらなる利便性の向上を図るそうだ。宿泊料金や、ホテル内のレストラン・バー、ケーキショップでの支払いに、Alipayを利用可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop