京都銀行が「京銀JCBデビット」を発行(JCB)

2018年3月19日18:52

ジェーシービー(JCB)と京都銀行は、 JCBブランドのデビットカードの発行に合意したと発表した。京都銀行は、2018年3月20日より、同行の普通預金口座保有者を対象としてJCBデビット「京銀JCBデビット」のWeb受付を開始し、4月9日より店頭募集を開始する。

左から京都シルエット(ブラック)、京都シルエット舞妓(ピンク)

申し込み対象は満15歳以上(中学生除く)の人となり、年会費(税別)は本会員が1,250円、家族会員が400円となっている(初年度年会費無料)。ただし、①満22歳以下の場合、②年間ショッピング利用累計額が12万円以上、③携帯電話の利用代金を京銀 JCBデビットでデビット決済する――いずれかの条件を満たした場合、翌年の年会費が無料となる。

JCBデビットは国内外のJCB加盟店で利用でき、原則利用の都度、代金が指定口座から引き落とされる。指定口座の預金残高内で利用でき、利用者自身で利用限度額を設定できる。カードは4月上旬より順次発送される。

JCBが金融機関向けに提供する「JCBデビットサービス」は、各行の要望に応じて、入会や発券、利用情報の照会、銀行システムへの中継などの業務処理や、コールセンター業務、ポイントプログラムの提供などを受託するもの。提携金融機関にとっては、デビットカード発行に伴う業務やシステム開発の負荷が軽減され、JCBが提供する各種サービスをカードへ付帯できるメリットがあるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop