成田市と提携して「うなりくんWAON」を発行(イオン)

2018年3月20日16:18

イオンと成田市は、2018年3月20日相互に緊密な連携を図ることにより、双方の資源を有効に活用した協働活動を推進し、一層の地域の活性化および市民サービスの向上を図るため、「地域連携協定」を締結したと発表した。

「うなりくんWAON」。カードの表面には、昨年ゆるキャラグランプリに輝いたうなりくんのデザインを配している(出典:イオン)

同協定に基づき、成田市とイオンは、「観光振興」、「スポーツツーリズムの推進」、「ICカードを活用した地域振興」、「地産地消の推進」に関することなど、計8項目においてより緊密な連携を図るという。特に、2020年に向けて、訪日外国人旅客数の増加が見込まれることから、海外と地域の人々をつなぎ、成田市の活性化に寄与する観光振興やスポーツツーリズムの推進に係る施策に取り組んでいくそうだ。

同協定の取り組みの第一弾として、イオンは3月23日よりご当地WAON「うなりくん WAON」を発行する。ご当地WAONは、イオンの電子マネー「WAON」の一種で、2009年に発行を開始したもの。利用者は、「うなりくんWAON」を全国約37万箇所のWAON加盟店で利用すると、その支払い金額の一部をイオンが成田市に寄付し、成田市の観光施策に役立てられるそうだ。

まずは、千葉県内の総合スーパー「イオン」、「イオンスタイル」、「ボンベルタ成田」計34店舗にて先行販売し、順次全国のイオン店舗で販売する予定だ。販売目標は3万枚。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop