特急券事前予約でID決済サービスを導入(京成電鉄)

2018年3月28日17:01

京成電鉄は、インターネット上での特急券事前予約・決済サービス「チケットレスサービス」の機能を拡充し、2018年3月28日より、ID決済サービスを導入すると発表した。特急料金の支払いにおけるID決済サービスの導入は、鉄道事業者では初めての取り組みとなるそうだ。

左から京成スカイライナー、各種ID決済サービスロゴ

「チケットレスサービス」は、インターネット上での決済により、有料特急(京成スカイライナー・モーニングライナー・イブニングライナー)の特急券を購入できるサービスとなる。今回、「チケットレスサービス」の決済方法として、「Yahoo!ウォレット」、「リクルートかんたん支払い」、「楽天ペイ」を導入する。特急券購入時にこれらのID決済サービスを利用することで、各サービスポイントが貯まるほか、支払いに貯まっているポイントを使用してもらうことも可能だ。

また、これまで「チケットレスサービス」を利用するためには、会員登録を必須としていたが、今回のサービス拡充にあわせ、会員登録不要で同サービスの利用を可能とした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop