「au WALLET プリペイドカード」で「リアルタイムチャージ」提供開始(KDDI)

2018年4月5日19:16

KDDI、沖縄セルラー、じぶん銀行は、2018年4月5日より、「au WALLET プリペイドカード」にて残高不足時にその場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」を提供開始した。さらに、携帯電話番号による個人間の「送金」、じぶん銀行への「払出」の機能も追加。これにより、スマートフォン1つでさまざまな決済が可能となる。なお、追加機能は「au WALLET プリペイドカード」とじぶん銀行口座を連携により利用可能だ。

「リアルタイムチャージ」は、「au WALLET プリペイドカード」における残高不足を自動的に解消する機能で、買い物時にチャージ残高が足りない場合でも不足分が即時でチャージされ決済が完了する。不足分は、連携されたじぶん銀行口座の残高の範囲内で即時にチャージされる。

個人間の「送金」では、「au WALLET プリペイドカード」を保有する人同士でチャージ残高の送金が可能になる。「au WALLET アプリ」から相手先の携帯電話番号と氏名カナ (2文字) を入力することで家族・友人間でお金のやりとりを完結できる。また、じぶん銀行への「払出」では、チャージ残高をじぶん銀行口座へ出金することが可能だ。

なお、機能追加を記念して、2018年4月5日から2018年5月31日の期間中に、じぶん銀行のオートチャージを利用した人全員にWALLET ポイントを300ポイントプレゼントする「じぶん銀行オートチャージキャンペーン」を実施する。

KDDIでは今後、「au WALLET」を通じて、QR決済や資産運用、ローンニーズへの対応などを予定している。

au WALLETのスマホ決済改革(KDDI)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop