「セブン‐イレブンアプリ」提供へ、購入商品の内容等に応じて「バッジ」を付与(セブン‐イレブン・ジャパン)

2018年4月6日7:30

セブン‐イレブン・ジャパンは、「セブン‐イレブンアプリ」を、2018年6月より運用する予定であると発表した。

利用者は、レジで会計時にアプリを開き、「会員コード(バーコード)」画面を提示すると、購入商品の内容等に応じて「バッジ」を付与する。支払いは、すべての決済方法に対応(現金、電子マネー、クレジットカード等)。「バッジ」は購入商品のカテゴリに応じた「購入系バッジ(16 種)」と、購入店舗や支払い方法に応じた「行動系バッジ(9 種)」を当初設定する。

セブン‐イレブンアプリのイメージ(セブン‐イレブン・ジャパン)

「バッジ」が一定量貯まるとランクアップし、一覧における 「バッジ」の表示変化が楽しめ、クーポン配布や抽選ゲームへの参加等の特典を受け取ることが可能だ。また、「バッジ」の表示は「銅」「銀」「金」「プラチナ」の 4 種となる。クーポンは一度きり使用可の「ワンタイムクーポン」を採用、対象商品の値引き等が受けられる内容だ。さらに、一定の条件を満たした場合、抽選ゲームにも参加できる。

そのほか、グループ横断型のロイヤリティプログラム「セブンマイルプログラム」にも参加でき、さまざまな特典を受けることが可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop