ベリフォン買収に高額プレミアム(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年4月21日9:00

POS端末業界の2大巨塔といえば、インジェニコとベリフォン。そのベリフォンがプライベートエクイティファンドに買収される。

 

買収するのはフランシスコパートナーズ。ブリティッシュコロンビア投資管理会社も参加する。買収価格は約34億ドルになる模様。ベリフォンの夫妻も引き受ける。

 

契約によると、ベリフォン株主は1株23.04ドルを受け取る。これは4月9日時点の株価15ドルの54%増し。高いプレミアムがついた。

 

フランシスコパートナーズは決済領域を成長産業とみているようだ。買収完了は2018年第3四半期。これによってベリフォンは非公開会社となる。

 

モバイルPOSの進展によって、従来の決済端末は人気がなくなっている。新たな枠組みで、ベリフォンは巻き返せるだろうか。

 

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop