伊勢谷友介氏が代表を務めるリバースプロジェクトと合弁会社設立、キャッシュレス化と地域活性化推進(NIPPON PAY)

2018年4月19日18:32

NIPPON PAY( ニッポンペイ)は、このほど「人類が地球に生き残るため」をテーマに、新たな価値とモノの創造、さまざまな社会貢献活動を行うリバースプロジェクトとの合弁会社として、「株式会社リバースプロジェクトネクスト」を設立したと発表した。

リバースプロジェクトの代表は伊勢谷 友介氏(左)が務める、右はNIPPON PAY 代表取締役社長 高木純氏

ニッポンペイによると、現在、全世界で急速に「キャッシュレス化」が進んでいるが、日本ではキャッシュレス化のスピードが鈍く、諸外国に遅れをとっているのが現状だという。こうした状況を打開して日本におけるキャッシュレス化を推進することを目的に、ニッポンペイは「環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を新たなビジネスを通して提案する」リバースプロジェクトと合弁会社を設立、キャッシュレス化を推進して地域のビジネスを活性化し、同時に消費者の便利さ、楽しさを創造する事業を展開していくことになったそうだ。

今後は、リバースプロジェクトが得意とするイベント性の高い企画に、ニッポンペイが持つキャッシュレス決済専用ツールを活用し、社会性・話題性に富んだ独自事業を全国各地で展開していく予定だという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop