広島広域都市圏版ご当地WAON「広島広域都市圏V WAON」発行(イオン)

2018年4月20日16:39

イオンリテールは、2018年4月27日、「200万人広島都市圏構想」の支援を目的とした、 広島広域都市圏版ご当地WAON「広島広域都市圏V WAON(ヴイワオン)」を発行すると発表した。 連携中枢都市圏単位でのご当地WAONは、全国初となる。

「広島広域都市圏V WAON」カードデザインには、広島市を本拠地とする広島東洋カープのマスコットキャラクター『カープ坊や』を中心に24市町のイメージキャラクターなどを配し、もう一方の面には、サンフレッチェ広島のマスコットキャラクター『サンチェ』と『フレッチェ』を配し、さらに広島広域都市圏のマスコットキャラクター『ひろしま都市犬はっしー』を配している「広島広域都市圏V WAON」のVの名称は、Victory(ビクトリー)、Variety(バラエティー)、Vitality(バイタリティー)からとった(イオン)

広島市の中心部から概ね60kmの圏内にある広島広域都市圏の24市町では、人口減少による経済活動の停滞や市民生活への影響対策として、 ト・モノ・カネ・情報を圏域内で「循環」させ、その中で付加価値が生みだされる「ローカル経済圏」を構築するよう、「200万人広島都市圏構想」の実現に向けて取り組んでいるという。イオンは、広島広域都市圏内の12市町に「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」「ザ・ビッグ」「マルナカ」42店舗を展開している。

利用者は、「広島広域都市圏V WAON」を全国の加盟店で利用すると、その支払金額の一部をイオンが広島広域都市圏の24市町で構成する広島広域都市圏協議会に寄附し、これにより、「200万人広島都市圏構想」の実現に向けた取組を支援する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop