マレーシアのクレジットカードビジネスの状況は?

2018年4月24日8:00

クレジットカードビジネス市場要覧」では、マレーシアのクレジットカードビジネスについて紹介している。マレーシアの概要は(図表)の通りで、データは原則2015年のものである。マレーシアの国土面積は33万平方キロメートル、日本のおよそ9割で、人口2,995万人、名目GDP(2015年)は 2,962億ドル(約35兆円)で世界ランキング第36位、一人GDPはドル9,500ドル(約144万円)で、世界ランキングは第64位で、ASEANでは10カ国中シンガポール、ブルネイに次いで第3位である。

(図表)マレーシアの概要(2015年)

国土面積

33万平方キロメートル、日本のおよそ9割

人口

2,995万人

首都

クワラルンプール

主な言語

マレー語、英語、中国語

通貨・通貨コード

マレーシアリンギ(MYR)

名目GDP(2015年)

2,962億ドル、36位

一人GDP

9,500ドル 64位

銀行数

43行 37位

銀行支店数

2,381店 42位 (IMF)

成人人口10万人当たりの銀行支店数

10.65店 110位 (IMF)

ATM設置台数

11,626台 30位

成人人口10万人当たりのATM設置台数

51.11台 66位

ATM最少引き出し額

10リンギ(約円)

インターネットユーザー数

2,155万人 78位(ITU)

インターネット普及率

71.06% 61位(ITU)

モバイルフォン契約数

4,411万件 31位(ITU)

モバイルフォン普及率

143.91% 32位(ITU)

出典:外務省、World Payment Guide、Global Note、IMF、ITU他

IMFのデータによると、マレーシアの銀行数は43行で世界第37位、銀行支店数は2,381店で世界第42位、成人人口10万人当たりの銀行支店数は10.65店で世界第110位である。銀行支店数は2004年の2,412店から2006年の2,120店へと減少したものの、2007年から増加に転じ、2015年には2006年比261店舗増の2,381店に増加している。

マレーシアのATM設置台数は11,626台で世界ランキングは第30位、成人人口10万人当たりのATM設置台数は51.11台で世界ランキングは第66位である。ATMの設置台数は2004年の4,708台から2015年の11,626台に11年間で6,918台増加したものの、世界ランクは25位から30位にランクダウンしている。成人人口10万人当たりのATM設置台数は2004年の27.17台から2015年の51.11台へと23.94台増加している。この間、世界ランキングは49位から66位のレンジで推移している。

ITUのデータによると、マレーシアのインターネットユーザー数は2,155万人で世界ランキング第78位、インターネット普及率は71.06%で世界ランキング第61位、モバイルフォン契約数は4,411万件で世界第31位、モバイルフォン普及率は143.91%で世界ランキング第32位である。

マレーシアの中央銀行であるBank Negara Malaysiaによるマレーシアのペイメントシステムに関する『Financial Stability and Payment Systems Report』の2015年度版並びに2016年度版の報告書による2011年から2016年までの6年間のATMからの現金引出件数・金額の推移を示した数字によると、2011年の5億5,680件、2,794億8,400万リンギから2016年の7億6,130万件、3,895億5,400万リンギへと5年間で件数比36.7%、金額比39.3%増加している。ATMからの1件当たりの引出金額は2011年の501リンギ(約13,530円)から2013年と2014年には544リンギ(約14,700円)までに上昇したものの、2016年に511リンギ(約13,800円)へ減少し2011年比で10リンギ(約270円)の上昇にとどまっている。

マレーシアのペイメントカードのイシュアの推移

マレーシアのペイメントカードのイシュアの2011年から2016年までの6年間の推移として、クレジットカードのイシュアはここ6年間で2011年の25社から27社(2015年)に増加したものの、2016年には1社減り、26社となっている。そのうち24社は銀行で、ノンバンクは2社である。アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブカードなどのチャージカードを発行しているイシュアは、すべて銀行で7行である。マレーシアで発行されているクレジットカードの国際ブランドには、Visaやマスターカード、JCB、中国銀聯、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブがある。

マレーシアのデビットカード発行銀行は2011年の22行から2016年の28行に6行増加している。VisaやマスターカードのオフラインデビットカードやVISAエレクトロンなどのオンラインデビットカードなどの国際デビットカードを発行する銀行は11行に対して、国内ネットワークのデビットカードを発行する銀行は16行である。マレーシアのデビットカードネットワークには、Visaやマスターカード、VISAエレクトロン、中国銀聯といった国際デビットカードネットワークのほかに、My DebitというICカード対応でコンタクトレスペイメントが可能なマレーシアの新しい国内デビットカードネットワークがある。なお、IC電子マネーなどのE-Moneyのイシュアは2015年で23社、そのうち5社は銀行で、18社ノンバンクである。

クレジットカード発行枚数が頭打ちの状態に?

マレーシアにおけるクレジットカードやチャージカード、デビットカードといったペイメントカード発行枚数(口座数)の2009年から2016年までの8年間の推移を示した数字によると、クレジットカードの発行枚数は、2009年の1,081万枚から2014年の804万枚へ減少し、2015年にようやく861万枚と増加に転じ、2016年には917万枚へとさらに増加している。マレーシアでは2010年1月からカード1枚につき50リンギ(約1,350円)のクレジットカードサービス税(Credit Card Service Tax)が導入され、クレジットカードの発行枚数は2010年に227万枚(対前年比21%減)も減少し、その後もクレジットカード発行枚数が頭打ちの状態となっていた。アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブカードなどのチャージカードもクレジットカードサービス税(Credit Card Service Tax)の対象で、2009年の28万枚から2014年の14万枚へと半減している。

人口2,995万人のマレーシアにおいて、デビットカードは2009年の2,729万枚から2016年には人口を上回る4,367万枚へと7年間で59.9%も増加している。IC電子マネーやIC乗車券などのE-Moneyは2011年からデータが示されているが、2014年にデータの見直しが行われ、2016年の発行枚数は人口を大きく上回る6,070万枚である。

page toppagetop