CAIXAと提携してブラジル初のJCBカード発行開始(JCB)

2018年5月7日19:07

国際カードブランド運営主体であるジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、ラテンアメリカ最大級の政府系金融機関であるCaixa Econômica Federal(ブラジル連邦貯蓄銀行)(本社:ブラジリア、以下:CAIXA(カイシャ))と、現地時間の2018年5月3日よりクレジットカード「CAIXA JCB Único(ウニコ)カード」の発行を開始したと発表した。また、同日サンパウロにて発行セレモニーを行った。同カードは、ラテンアメリカ初となるJCBカード。

発行開始セレモニーの模様(JCB)

CAIXAは、1861年にブラジルで設立されたラテンアメリカ最大級の政府系金融機関で、 州政府や都市のインフラ整備に関する融資から、民間企業・個人への一般融資まで行っている。同国内でクレジットカードおよびデビットカードの発行を行うなど、 カード事業にも注力している。

今回の提携は、国際ブランドとの提携によりサービスを拡充させたいCAIXAと、ブラジルにおけるJCBカードの発行により、ラテンアメリカでの会員基盤の拡大を目指すJCBの狙いが合致し、実現したという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop