エンドポイントマルウェア対策「EX AntiMalware v7」発売、PCI DSS 要件5に対応へ(アークン)

2018年5月9日18:00

アークンは、 現在販売中の法人ユーザ向けエンドポイントセキュリティ製品・サービス「Ahkun EX AntiMalware」の後継版として、「EX AntiMalware v7」を2018年5月16日より販売開始すると発表した。

エンドポイントマルウェア対策「EX AntiMalware v7」(アークン)

「EX AntiMalware v7」は、Ahkun EX AntiMalware の全機能を踏襲するとともに、マルウェア対策ポリシーの設定、未知マルウェアの挙動監視、コンプライアンスリスクを排除するグレーツール対策の強化、専門的な知識を有さない管理者であっても設計・運用が容易なユーザインターフェイスを提供するとしている。

また、段階的なバージョンアップにて、ペイメントカード情報の国際基準である「PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard) 」の「要件5: すべてのシステムをマルウェアから保護し、ウイルス対策ソフトウェアまたはプログラムを定期的に更新する」への完全対応を計画することで、クレジットカード情報を取り扱う企業に対応している。

具体的には、マルウェア対策を提供するアークンの EX AntiMalware v7 オリジンダウンロードサーバ・ユーザの管理サーバ間・クライアント間は、 全ての通信プロトコルをSSLで暗号化する。また、ユーザ管理者向けに提供するブラウザベースの EX AntiMalware v7 Manager には、管理者によるログ改ざんを未然に防ぐPDFレポート作成機能を実装するとともに、マルウェアの被害に遭ったクライアントPCのセキュリティ監査証跡をオンデマンドで情報収集する機能を提供するという。 

さらに、物理的にマルウェアの侵入による影響が無いと考えられるシステムでは、EX AntiMalware v7 クライアントプログラムを最小実行モードで動作させ、該当システムの負荷を最小限に抑えるとともに、柔軟なセキュリティポリシーによる定期的な評価を行う機能を提供するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop