O2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」開催、「楽天ペイ(アプリ決済)」導入(ビームス/楽天)

2018年5月9日18:00

ビームスと楽天は、楽天の運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」とショッピングSNS「ROOM」、そしてビームスの運営する実店舗「ビームス ジャパン」において、両社のコラボレーションによる初のO2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」を、 2018年5月23日~6月19日まで開催すると発表した。また、同イベント開始にあわせ、 ビームス ジャパンでは楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入する。

利用者は、ビームス ジャパンでの買い物の時に、 「楽天ペイ」アプリで決済を行うことで、 楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることが可能になる。今秋には、ビームス ジャパンに加え、全国のビームス店舗へも導入を予定している。

「Rakuten meets BEAMS JAPAN」では、BEAMSの人気バイヤーとショップスタッフなど総勢16名が、愛用している「楽天市場」の商品を、ライフスタイルとともに紹介。ビームス ジャパン店頭には、紹介した商品を、スマホで操作ができる巨大デジタルサイネージで展示するコンテンツを用意する。利用者自身のスマートフォンをコントローラーにして、サイネージに表示される商品から「楽天市場」の商品ページにアクセスし、商品をチェックしたり、購入できるという。また、楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」のフォトスポットを用意し、一緒に撮影をすることも可能だ。なお、「ROOM」においては、16名が運営するアカウントを集約した、特設ページが開設される。同イベントに先立ち、5月9日からは、「楽天市場」内にて、特設イベントページを開設した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop