無人端末機の操作で自治体ポイントを地域ポイントに交換(フェリカポケットマーケティング)

2018年5月10日17:52

フェリカポケットマーケティングは、総務省が各地で進めるマイナンバーカードを活用して貯められる「自治体ポイント」を、地域活性化を目的として展開される「地域ポイント」に交換する自治体ポイント交換サービスの提供を開始すると発表した。

自治体ポイント交換用無人端末機(FPM)

同サービスは、無人端末機の操作で自治体ポイント交換を可能とし、高松市が開始した「高松市ポイント」を香川県内独自の地域ポイント「めぐりんマイル」に交換する端末として採用された。

なお、自治体ポイントは、航空会社のマイルやクレジットカードのポイントなどを、高松市ポイントなど好きな自治体の独自ポイントとして交換できる。地域ポイントへの交換には、総務省のサイト「マイキープラットフォーム」に登録したマイキーIDと、交換先となる地域ポイントの会員番号(サービスID)との紐づけ登録が事前に必要となる。紐づけ作業は初回のみ、各自治体や地域ポイント事務局などにマイナンバーカードと地域ポイントカードを持ち込み実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop