綱渡りの決済カード(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年5月15日9:00

銀行の78%、マーチャントの68%は、リアルタイム決済とオープンバンキングによって、既存決済カードの重要性の希薄化が加速すると回答した。

 

調査したのは、ACI Worldwideで、レポートタイトルは「2018グローバル決済インサイト調査:リテールバンキング」。調査対象は、金融機関やマーチャント、請求会社のエグゼクティブである。

 

エリア別にみると、既存決済カードの希薄化に対する意見が最も多かったのが欧州の銀行で83%。ついでアジアが76%、米国が73%だった。マーチャントではアジアが74%で最も高く、欧州が68%、米国が66%だった。

 

アジアでは銀行もマーチャントも70%代で高い。このエリアではQRコード決済が既存カード決済シェアを侵食している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop