バイドゥが金融部門売却(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年5月16日9:00

中国検索最大手のバイドゥが金融部門(Financial Service Group:FSG)の大半(58%)を売却することになった。バイドゥの金融サービスは、ウォレットやクレジット、資産管理などを提供している。

 

売却先はプライベートエクイティファンドのカーライルやTPG。Taikang GroupやABC Internationalなども参加する。金額は19億ドルになる模様。

 

バイドゥはこの資金で、フィンテック経済圏への投資を加速。アリババやテンセントとの競争に参戦できる体制を敷く。

 

売却完了は2018年第2四半期。FSGのブランドはDu Xiaoman Financialに変更、新たな独立企業としてスタートするようだ。CEOはバイドゥから出す。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop