ゆうちょ銀行が2019年2月からスマホ決済サービス「ゆうちょPay」開始(GMO-PG)

2018年5月18日18:50

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、「銀行Pay」(旧称:銀行口座と連動したスマホ決済サービス)の基盤システムをゆうちょ銀行へ提供すると発表した。ゆうちょ銀行は、 「銀行Pay」の基盤システムを活用した独自のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」を、 2019年2月を目処に展開する予定だ。

横浜銀行、ふくおかFG(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)、りそなグループ、ゆうちょ銀行で相互利用が可能に(GMO-PG)

「銀行Pay」は、導入している銀行に口座を持つ人が、加盟店での買い物時に、スマホアプリから即時に口座引き落とし等の支払いが可能となるサービスだ。導入銀行間の相互連携(マルチバンク)にも対応しているので、すでにサービスを展開している横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループ(ふくおかFG)の福岡銀行、および導入予定のふくおかFGの熊本銀行・親和銀行、りそなグループ3行(りそな銀行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行)に加え、ゆうちょ銀行のいずれの加盟店でも、銀行や地域を越えて「銀行Pay」を利用できるようになる。

GMO-PGが基盤システムを提供する「銀行Pay」は、2016年に横浜銀行と共同で開発した、スマホアプリから即時に銀行口座の引き落とし等による支払いができるサービスとなる。「銀行Pay」を導入している銀行に口座を持つ利用者は、利用者向けスマホアプリをダウンロードし、自分の口座を事前に登録しておくことで、加盟店での買い物時に、加盟店のタブレット端末やスマホに表示されたQRコードを読み取るか、支払い先へチェックインして暗証番号を入力するだけで、 銀行口座から代金が引き落としされ、支払いが完了する。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F

GMO-PGは、ネットショップやデジタルコンテンツなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに国税庁や 東京都等の公的機関など8万2,349店舗(GMO-PGグループ2017年9月末現在)の加盟店に総合的な決済関連サービスを提供しています。
決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービス等の付加価値サービスや、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の 金融関連サービスの提供、海外決済サービスの提供をはじめとする海外事業などを行い、年間決済処理金額は2兆円を超えております。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop