英国で位置情報活用P2P決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年5月24日9:00

英国のチャレンジャーバンクが、位置情報を活用したP2P決済を相次いで開始した。リボリュート(Revolut)とモンゾ(Monzo)である。

 

5月4日、リボリュートはNear Me(ニアミー)というサービスを開始した。近くにいるリボリュート顧客に位置情報を活用して送金する。コンタクト履歴やメールアドレス、電話番号などは不要だ。

 

5月7日、モンゾはNearby Friends(ニアバイフレンズ)というサービスを開始。近くにいる友人に送金できるサービスである。

 

モンゾがP2P決済を開始したのは2016年5月。その時は携帯電話番号を使った送金だった。その後改良をつづけ、2016年末には、モンゾ顧客をアプリに表示して送金できるようにした。

 

そしてニアバイフレンズを開始。ブルートゥースを活用し、プライバシーの保護のため、近くにいるモンゾフレンズで、同時にアプリを立ち上げた友人にだけ送金できるようになった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop