ウォルマートが廃止したMサービス(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年5月28日9:00

レジに並びたくない人たちのためにはじめたサービスを、ウォルマートは廃止することになった。その名はScan & Go(スキャン&ゴー)。

 

店舗に設置したモバイル端末で、商品をスキャンし、セルフレジで精算するというものである。自分のスマートフォンでも利用できた。

 

なぜ廃止となったのか。ウォルマートによると、利用者が少なかったから。投資対効果が著しく低かったようだ。

 

全米100店舗で展開すると発表してから、わずか4カ月で廃止してしまった。ウォルマート顧客層へScan & Goの利便性をわかりやすく説明していたのだろうか。

 

アマゾン対抗で、デジタル化を推進しても、顧客がついていかない。そんなアンバランスがリアル店舗のデジタル戦略にみてとれる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop