モバイルを活用した決済・カードサービスの最新トレンド

2018年5月28日8:00

国内では、Apple payなどの非接触決済に加え、QR決済を活用したスマートフォン決済サービスのプレイヤーが増えている。クレジットカードへの紐付けに加え、今後は銀行口座直結の決済サービス、個人間送金などでの広がりも期待される。

また、WeChat PayやAlipayの中国人向けの決済サービスをはじめ、インバウンド決済としての展開も継続して求められるだろう。

さらに、アプリを活用した非対面の決済サービスでもリアル決済の展開、チャットボットを活用してコミュニケーションを図りながら決済に誘導するサービス等も見受けられる。

決済だけではなく、モバイルを活用したポイントやインセンティブを付与するカードサービスも増えてきた。今後は、ポイントカードに加え、利用者が普段から持ち歩くスマートフォンのアプリを活用したモバイルカードサービスもさらに広がると思われる。

そこで、モバイルを活用した決済サービスに取り組む企業の動向について紹介する。

■掲載予定
・.pay(東急電鉄/NTTデータ)
・シモキタコイン
・アクアコイン(木更津市)
・ライフカード(社食でのQR決済導入)
・JCB(QR・バーコード決済の仕様策定について)
・Soft Space(マレーシアのFinTechベンチャー)
・弁護士トーク
・富士山静岡空港

ペイメントナビメールマガジン読者の方には先行配信を実施予定です。ぜひ、ご登録をお願いします(登録サイト)。

page toppagetop