福岡市実証実験フルサポート事業のキャッシュレスプロジェクトに採択(LINE/LINE Pay/LINE Fukuoka)

2018年6月12日17:07

LINE、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上でモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を運営するLINE Pay、福岡を拠点とする子会社のLINE Fukuokaは、福岡市主催のAIやIoT等の先端技術を活用した社会的課題の解決等に繋がる実証実験プロジェクトを全国から募集し、市が実証実験をサポートする「福岡市実証実験フルサポート事業」の「キャッシュレス」に関する実証実験プロジェクトに採択されたと発表した。今後、福岡市とともにグループ各社で連携しながら市のキャッシュレス化を推進する活動を実施する。

福岡市実証実験フルサポート事業「キャッシュレス」プロジェクト、 LINEグループが「福岡市施設」での単独採択企業に(LINE)

2018年6月中には、動植物園、美術館、博物館、自転車駐車場などの市施設と、市内各所の屋台、タクシー、商店街などの民間施設で「LINE Pay」を導入し、キャッシュレス・ウォレットレスの実証実験を行う。実証実験では、「LINE Pay」に加え、市が開設している福岡市LINE公式アカウントとも連動させるなど、LINEのサービスを複合的に利用することも視野に入れている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop