クラウドPOSレジ「スマレジ」との連携でオムニチャネル運用可能に(UZEN)

2018年6月14日17:17

UZENの国内/越境ECプラットフォーム「G1 Commerce(ジーワンコマース)」は、スマレジのクラウドPOSレジ「スマレジ」との連携を開始したと発表した。

連携イメージ(UZEN )

スマレジAPIを利用したPOSレジとのAPI連携により、EC側の会員、商品、在庫(EC在庫数と各店舗在庫数の一元管理含め)と店舗側の売上とがリアルタイムにつながるという。①ECと店舗、両方の在庫を引き当てる、②EC側で店舗別の売上を確認するといった最新のオムニチャネル運用が可能になる。

連携の第一弾は 2018年4月にオープンしたパルコ(PARCO)のファッションブランド直営ECサイトのブランドサイト「ミントデザイン」での採用となった。これにより、店頭とのEC会員/EC商品/店舗在庫/店舗売上のリアルタイム相互連携を実現し、店頭からもECからも販売機会をロスすることなく拡大できたという。また、店頭でのEC会員ポイント使用、および店舗在庫をEC販売可能だ。例えばEC側で店舗の在庫商品も引当てるだけでなく、決済ともつながっているのでEC側で売上まで立てられるとした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop