「GATHERING TABLE PANTRY」でコード決済導入、セルフテーブル決済にも対応(LINE Pay)

2018年6月15日16:58

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する「LINE Pay」において、2018年6月15日より、ロイヤルホールディングスが運営・管理する研究開発店舗「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」にて、「LINE Pay」のコード決済の導入を開始すると発表した。2018年7月15日からは、「LINE Pay」初の取り組みとなる「セルフテーブル決済」にも対応する。

「LINE Pay」でのコード決済

コード決済とは、スマートフォンで「LINE」アプリから「LINE Pay」のコード画面を立ち上げて表示したQRまたはバーコードを提示し読み取ってもらう、もしくは、ユーザーが店舗側のコードをスマートフォンで読み取ることで支払い完了する決済となる。「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」では、会計時に店員を客席に呼び、コード画面で提示したQRを読み取ってもらうことで支払いが可能になる。

それに加え、「LINE Pay」初の取り組みとなる「セルフテーブル決済」も2018年7月15日から対応する予定だ。ユーザーは、客席に設置されたタブレット端末で、支払い方法に「LINE Pay」を選択し自身で支払いを完了することができる。同サービスを利用すると、支払い時に店員を待つことなく自身のスマートフォンで支払いが可能だ。なお、今回の導入は、マウント・スクエアのシステムを活用することで実現している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop