ブロックチェーン活用の地域ポイント管理システムを構築へ(iBankマーケティング)

2018年6月18日14:58

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)傘下のiBankマーケティングは、2018年6月18日、ブロックチェーン関連技術を活用した地域ポイント管理システムを構築し、ポイントサービスを軸とした地域における新たなサービスプラットフォーム構想の実現に向けたプロジェクトをスタートすると発表した。

サービスイメージ(iBankマーケティング)

今回構築するシステムは、 ベースとなるブロックチェーンエンジンとして、代表的なオープンソース・ブロックチェーン基盤の1つである「Hyperledger Fabric」を利用して構築し、 iBank社のポイントサービス「myCoin」を同システムで稼働する第一弾のサービスとして、 2018年中に稼働することを予定している。

FFGではiBank社を通じて、ブロックチェーン関連技術の特性を活かしたサービス・機能の高度化に向けた検討を行うと共に、将来的には同ポイント管理システムのオープン化により、さまざまな地域・事業会社との連携を通じた地域ポイントサービスの共通プラットフォームの提供を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop