決済端末ベンダーのCastles Technology、ベンディングやタブレット端末を日本市場で積極展開

2018年6月19日8:48

台湾のCastles Technologyは、北米、スペイン、イタリア、日本、中国、シンガポールに地域事務所を構え、世界60カ国に決済端末を提供している。日本では、「VEGA3000」に加え、ベンディングマシンの「UPT2000」、Androidベースのタブレット端末「Saturn1000E」といった製品の販売も強化する方針だ。同社の決済端末への取り組みについて、話を聞いた。

コカ・コーラへの採用で米国が成長
日本の大手企業とベンディング分野を展開へ

Castles Technologyは1993年から決済端末ビジネスを展開しているが、現在は国際的な企業としての地位を確立している。端末ベンダーとして、据置、モバイル、スマートフォンと接続するモバイルPOSなどを合わせると世界9位だが、「据置端末だけでみると4番目のポジションとなっています」とCastles Technologyエグゼクティブ・セールス・マネージャーのJason Chiang氏は説明する。

Castles Technologyエグゼクティブ・セールス・マネージャーのJason Chiang氏

海外では、イラン、ブラジル、トルコはビッグマーケットだが、コカ・コーラに採用された米国は大きな市場になりつつあるという。また、日本での出荷台数も伸びている。日本では、首位のパナソニックは別格の存在だが、「現在は3番目の立ち位置となっており、№2の座も見えてきました」とJason氏は話す。

日本でのディストリビューターとしては、アイティフォー、カードサービス、ジィ・シィ企画などが挙げられる。また、大日本印刷でもクレジットカード、電子マネー、非接触決済、ポイントサービス等に対応した「VEGA3000 Touch」を販売している。

今後、日本での販売で成長が期待できる製品がベンディング端末「UPT2000」だ。同製品は、駐車場、キオスク、チケットなどに搭載可能で、テンキーを搭載しており、耐久性にも優れているという。Jason氏は、「ベンディングに関しては、日本の大手企業と連携して進めています」と語る。

QR決済やテーブルオーダーに対応した「Saturn1000E」
日本市場で大きな販売目標を掲げる

左から「Saturn1000E」、「VEGA3000 M2」

さらに、Linuxベースのタブレット端末「VEGA3000 M2」に加え、AndroidOSのタブレット機器はSaturnシリーズ「Saturn1000E」も提供する。同端末では、大きな液晶画面を利用して、レストランのテーブルオーダー、テーブルチェックなど、総合的なサービスに決済機能を組み込んで使用することが可能だ。また、接触、コンタクトレス、磁気の決済が行える。非接触決済では、NFCのコンタクトレスペイメントに加え、日本のFeliCaベースの支払いにも対応できる。さらに、バーコード・QR決済、カメラ機能などを搭載可能だ。セキュリティ面ではPCI PTS5に準拠している。初期の端末はプリンタ非搭載モデルだが、次期端末ではプリンタ機能搭載を予定している。

なお、Androidベースのタブレット端末を提供する企業は複数あるが、接触や非接触を含めたカード決済に対応し、PCI PTS等の認証を取得している点で先行しているとした。端末価格は3万円程を想定している。

Jason氏は、「Saturn1000Eは、日本はかなりの販売が見込めると思います。目標は、4年間で150万台を目標としています」と高い目標を掲げる。

同氏は最後に、「日本は現金決済が主流だが、そういった考えを変えていき、ベストソリューションを提供していきたいです」と意気込みを見せた。

※記事掲載当初、Saturn1000Eの名称に誤りがございました。お詫びして訂正させていただきます。(2018/6/22)

※取材は2018年4月15日、16日にUAE ドバイで開催された「Seamless Middle East2018」のCastles Technologyブースにて

page toppagetop