「カラーミーリピート」で後払い決済サービス「GMO後払い」と自動連携機能提供(GMOペパボ)

2018年6月25日21:16

GMOペパボは、同社が運営する、定期販売サービス「カラーミーリピート byGMOペパボ」において、GMOペイメントサービス(GMO-PS)が提供する後払い決済サービス「GMO後払い」との自動連携機能を2018年6月25日より月額固定費無料で提供開始したと発表した。

これまで「カラーミーリピート」では、支払い方法として「クレジットカード決済」に対応していたが、定期販売を行う事業者からは、クレジットカードを保有していない人や、クレジットカード情報の登録に抵抗がある人の購入機会拡大を図るため、「後払い決済」の導入を希望する声が寄せられていたという。

しかし、「後払い決済」は、取引情報の登録や与信結果の取得、購入者へのメール通知などの作業を取引ごとに行う必要があるなど、事業者側の作業負担が大きくなる。また、こうした作業を自動化する機能の導入には最低でも年間数十万円の利用料金がかかる場合も多く、 個人・中小規模の事業者は導入が困難となっていた。 そこで「カラーミーリピート」は、 GMO-PSの後払い決済サービス「GMO後払い」に対応し、さらに自動連携機能を月額固定費無料で提供することとなった。

これにより事業者は、月額固定費無料、 決済手数料および請求書発行手数料のみで導入が可能だ。 また、「カラーミーリピート」と「GMO後払い」間で、取引情報を自動連携しているため、後払い決済に必要となる取引情報の登録を、取引の都度手入力で行う必要はない。

さらに、購入者の与信審査は「GMO後払い」のシステムが自動で行い、その与信結果は「カラーミーリピート」と自動連携されるので、 与信結果の取り込み作業が不要となる。

加えて、与信結果で「GMO後払い」が利用できない場合は、クレジットカード(Visa・MasterCard)決済を案内するメールを自動送信。これにより、売上機会の損失を防ぐそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop