対面・非対面対応のカードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」を2019年春開始(じぶん銀行)

2018年6月27日7:00

じぶん銀行は、ジェーシービー(JCB)と協働し、2019年春より、カードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」を開始すると発表した。

「じぶん銀行スマホデビット」のイメージ(じぶん銀行)

カードレスのデビット決済として、 スマートフォンによる対面決済(QUICPay+での決済)と、非対面決済(インターネット決済等)の両方に対応しているのは、同スマホデビットサービスが国内初となるそうだ。

同サービスは、 支払金額がその場で預金口座から引き落とされる決済サービスとなる。 スマートフォンのじぶん銀行アプリ上でバーチャルデビットカードを即時発行することにより、カードの郵送を待つことなく、すぐにデビット決済サービスを利用可能だ。

スマートフォンによるデビット決済として利用出来る店舗は、「QUICPay」に対応している全国のコンビニエンスストア、スーパー、レストラン等で、店舗の端末にスマホをかざすと支払いが完了する。同決済は、「QUICPay+」支払いとなり、約72万台の加盟店端末で利用可能だ。

さらに、一般的なデビットカードと同じようにカード番号を用いてインターネットショッピング等でのネット決済支払いにも利用できる。

なお、同サービスは、申込みから発行まで、すべてじぶん銀行アプリで完結することができるため、紙による申込みは不要だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop