楽天ペイ(アプリ決済)」が「Right-on」45店舗で利用可能に(楽天)

2018年6月29日15:12

楽天は、同社が運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、ライトオンの運営するジーンズセレクトショップ「Right-on」45店舗で導入され、2018年7月1日よりスマートフォンによるQRコード決済が可能となると発表した。また、同日より、楽天のグループ会社であるスポットライトが運営する来店ポイントアプリ「楽天チェック」も順次利用可能にし、利用者のポイント獲得機会を増やすという。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録すると、スマホアプリで支払いができるサービスとなる。利用者は、導入店舗のタブレット端末に表示されるQRコードを「楽天ペイ」アプリで読み取るだけで、決済を行うことが可能となる。また、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできる。さらに、支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯めることができる。

「楽天チェック」は、来店することでポイントが貯まる無料アプリで、アプリ内に表示されている店舗に来店し、指定エリアでチェックインボタンをタップするだけで「楽天スーパーポイント」が貯まる。また、貯まったポイントは、「楽天ペイ(アプリ決済)」導入店舗をはじめ、「楽天ポイントカード」加盟店、また「楽天市場」や「楽天トラベル」など楽天グループが運営するさまざまなサービスでも利用可能だ。

ライトオンは、2014 年4月に、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」に「ライトオン楽天市場店」として出店、2018年3月にはライトオンが運営する自社ECサイト「Right-on ONLINE SHOP」、「Naughty Dog ONLINE SHOP」に「楽天ペイ(オンライン決済)」を導入し、また、2018年9月からは「楽天ポイントカード」を全国513店舗で利用可能にするなど、楽天グループの各種サービスと連携している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop