八丈島が島しょ地域初、J-Debit「キャッシュアウトサービス」導入

2018年7月5日21:59

東京都八丈島八丈町は、民間事業者と連携し、店舗のレジで買い物の支払と同時に現金を引き出せるJ-Debit「キャッシュアウトサービス」導入に取り組み、2018年7月14日からサービスを開始すると発表した。

八丈島(出典:八丈島観光ナビフォトギャラリー)

八丈島はATM設置台数が少なく、土日祝日や深夜はATM稼動時間が限定されている。また、八丈島にはコンビニエンスストアもないそうだ。

八丈島のATM利用環境を知らずに来島した観光客が現金を引き出せず、町役場などに不満が多く寄せられており、八丈島の観光課題となっていた。

今回、八丈町はこうした観光課題解決のため、意欲的に観光課題の解決に取り組む島内民間事業者(空港、ホテル、タクシー、スーパー等)と連携し、店舗のレジで現金が引き出せるJ-Debit「キャッシュアウト」導入を決めたそうだ。

J-Debitとは日本電子決済推進機構が運営するサービスで、キャッシュカードを使って、そのまま買い物の支払ができるデビット決済(口座即時引落)サービスとなる。支払代金は銀行口座から即時引き落としされる。今年4月から、店舗レジでお金を引き出せるJ-Debit「キャッシュアウト」を開始している。日本電子決済推進機構はATM利用環境に対して課題を抱える全国の島しょ地域、山間部や過疎地域などで、八丈島をモデルケースとしたJ-Debit「キャッシュアウト」の導入を支援していく方針だという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop