QR決済・多言語対応広告タブレットを全国展開(JapanTaxi)

2018年7月10日19:25

全国約6万台のタクシーを呼ぶことができるタクシー配車アプリ「全国タクシー」を展開するJapanTaxiは、 都内のタクシー車両に設置されている、QRコード決済が可能な広告タブレットにおいて、神奈川、名古屋、京都、大阪、福岡、札幌を中心とした全国展開を2018年7月より行うと発表した。

QR決済・多言語対応広告タブレット(Japan Taxi)

JapanTaxiでは、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を2011年より開始。全国47都道府県でスマホからタクシーを呼ぶことができるほか、事前登録したクレジットカードによるネット決済によって到着前の支払い手続きが完了する機能を提供する。現在、グループ会社である日本交通へのタクシー配車リクエストは、約7割がアプリ注文となっている。さらに、目的地到着時に乗務員と支払いのやり取りを行うことなく降車することができるネット決済は、2013年の8月開始から2018年5月までで、300万回以上利用されている。

また、タクシーの乗車体験向上を目的に、タクシー車両専用の広告タブレットを2016年6月より展開。2017年には、 タクシー乗車時の利用者へ向けて広告配信を行うこのタブレットに、QRコード決済機能を搭載し、アプリ注文だけでなく道や乗り場で乗車した際にも、 到着前の支払い手続きが完了する『JapanTaxi Wallet』をスタートした。都内4,500台の車両で広告タブレットを導入すると、約7割の顧客がリピーターとなり、開始から現在まで60万回以上を超える利用回数となった。

広告タブレットは乗務員を介することなくキャッシュレス決済に対応でき、さらに英語・中国語・韓国語と多言語に対応している。JapanTaxiでは、同広告タブレットの展開を2020年までに全国合計5万台目標とし、タクシー車両4台に1台への搭載を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop