キャッシュカードの磁気不良をATMで自動修復するサービス開始(三井住友カード)

2018年7月11日19:53

三井住友銀行は、2018年7月11日から、キャッシュカードの磁気不良をATMで自動修復するサービスの取り扱いを開始すると発表した。対象ATMは、同行のATM(店舗内、店舗外問わず)全約5,700台となる。

同サービスは、同行ATMで残高照会や引き出しといった対象取引を行うと、ATM内部でキャッシュカードの磁気不良を検知し、10秒から20秒程度で自動修復するサービスとなる。自動修復完了後はキャッシュカードをそのまま使用できるため、磁気不良が発生した場合の再発行手続が不要になる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop