ポーランドでApple Pay大人気(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年7月19日9:00

Apple Payポーランド上陸からわずか10日間で、Apple Payの利用者が20万人に達した。驚くほどのヒット商品になったと、Appleinsiderが報じた。

 

競合のGoogle Payはポーランドで2.5万人利用者を獲得するのに4カ月かかった。その後18カ月かかって30万人の利用者になっている。

 

ポーランドのアンドロイド利用者は2,200万人。対するiOS利用者は約55.7万人である。

 

なぜアンドロイド利用者の数は多いのに、Google Payの利用者は少ないのか。アンドロイド携帯の多くは、NFC非接触決済の機能がついていないものが多いからである。

 

ポーランドでApple Payがリリースされたのは、2018年6月中旬。現在ポーランドの8行がサポートしている。9月にはポーランド最大手のPKO BPや中小金融機関も参加する予定だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop