ロシア農業銀行、パナソニックとロシア初となるJCBブランドの提携カードが発行(JCB)

2018年7月26日8:00

ジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、ロシアの金融機関のRussian Agricultural Bank(本社:モスクワ、ロシア農業銀行)およびPanasonic Russia, Ltd.と、提携カードの発行を開始した。

モスクワで行われた発行開始セレモニーの模様(JCB)

ロシア農業銀行は、 2000年に設立され、 ロシア第二位の規模の支店ネットワークを持つ政府系金融機関となる。

Panasonicは、 ロシアにて直販ウェブサイト「E-Plaza」を展開しており、同カードでE-plazaにて商品を購入すると20%相当、そのほか一般のJCB加盟店での買い物では5%相当のポイントが貯まる。貯まったポイントは、E-Plazaでの商品購入時に1ポイント=1ルーブルとして使用可能だ。

カード券面デザインイメージ(JCB)

今回の提携は、国際ブランドとの提携により利用者へのサービス拡充を図りたいロシア農業銀行、Panasonicと、ロシアにおける会員基盤の拡大を目指すJCBの狙いが合致し、実現したもの。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop