Cap1がウォルマートを手中に(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年8月11日9:00

ウォルマートのストアカードはこれまでシンクロニー(Synchrony Financial)の独占だった。それが2019年をもって終了する。

 

ウォルマートのカード契約を勝ち取ったのはキャピタルワン。2019年8月1日より、プライベートレーベルのストアカードと、国際ブランドつき提携カードを発行することになった。

 

シンクロニーはウォルマートカードの100億ドル(1.1兆円)にのぼる残高を売却するか、ポートフォリオにもちつづけるか、汎用クレジットカードへ移行するかを検討する。

 

シンクロニーにとって、1.1兆円の残高を失うのは大きな痛手だ。利息収入だけでシンクロニーの金利手数料収益の10%強を占めていた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop