【福岡】9月21日「不正使用対策・PCI DSSセキュリティセミナー2018」開催、PCI DSS/非保持化、ICカード、不正使用対策、本人認証強化策などを網羅

2018年8月7日8:10

TIプランニング ペイメントナビ編集部は、2018年9月21日に、「不正使用対策・PCI DSSセキュリティセミナー2018」を開催します。PCI DSS/非保持化、ICカード、不正使用対策、本人認証強化策(3-Dセキュア)などを網羅したセミナーとなる予定です。

経済産業省/日本クレジット協会が2016年2月に公表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」。2018年3月1日には「実行計画2018」も発表され、いよいよ実践フェーズに入りました。2018年から2019年は、加盟店、サービスプロバイダ、決済端末関連企業等のセキュリティへの関心はさらに高まると期待されます。

ペイメントナビ編集部では、「不正使用対策・PCI DSSセキュリティセミナー」を東京で開催して参りましたが、9月21日に福岡で初開催させていただくこととなりました。基調講演のオルビス、最終講演のMastercardをはじめ、魅力的な講演がそろっておりますので、ぜひ参加をご検討いただければ幸いです。

☆開催概要

開催日時

2018年9月21日 10時00分~16時(予定)(受付開始9時30分頃を予定)

開催場所

リファレンス駅東ビル貸会議室(地図
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14
JR博多駅筑紫口から徒歩4分、福岡市営地下鉄博多駅 筑紫口改札口から徒歩4分

開催テーマ

「不正使用対策・PCI DSSセキュリティセミナー2018 」
PCI DSS/非保持化、ICカード、不正使用対策、本人認証強化策などを網羅

参加対象者

●カード加盟店、対面の店舗、EC決済取引を行う企業、サービスプロバイダー(決済処理を行う決済代行事業、決済処理事業者)決済端末ベンダー、カードセキュリティ関連企業、審査機関、セキュリティ商材販売企業など。応募者多数の場合は、加盟店、サービスプロバイダ(決済代行事業者やカード会社などカード会員情報を保持している事業者)を優先させていただきます。

主 催

主催:株式会社TIプランニング
協力:ペイメントナビ編集部

協 賛

キヤノンITソリューションズ株式会社(Thales Japan)/ソニーペイメントサービス株式会社/ネットムーブ株式会社/飛天ジャパン株式会社/株式会社リンク (五十音順)※協賛企業は順次追加

内容

●10時~開会挨拶

10時5分~10時50分
■基調講演 オルビス株式会社
通販事業者目線での実行計画の理解と対応方法について
オルビス株式会社 CRM・顧客満足推進部 課長 橋本祥永氏

実行計画では全てのクレジット加盟店に非保持化又はPCI DSS準拠を義務付けましたが、お互いの関連性や対応方法が分かりづらく、通販事業者の多くが苦労しています。そうした中、日本通信販売協会(JADMA)の代表者として実行計画2018策定に深く関わり、加盟店の立場に立った活動をしてきた経験を活かし、通販事業者の事業の特性からみた非保持化の理解や実践的な対応方法を紹介させていただきます。

10時55分~11時40分
●ソニーペイメントサービス株式会社/株式会社リンク
非対面加盟店における非保持化・不正使用対策!最新動向と対策のポイントについて
メールオーダー・テレフォンオーダー加盟店の非保持化対策ソリューションもご紹介
メールオーダー・テレフォンオーダー加盟店の非保持化対策「PayTG」のご紹介

ソニーペイメントサービス株式会社執行役員 営業部門 営業企画部長 石川 泰秀氏
株式会社リンク セキュリティプラットフォーム事業部 事業部長 滝村 享嗣氏

非対面加盟店における実行計画(カード情報の漏えい対策、ECにおける不正使用対策)への具体的な対応方法とソリューションを、2018年の実行計画改定ポイントと最新動向を交えながらお話しさせていただきます。

11時45分~12時30分
飛天ジャパン株式会社
PCI-PTS 5.0を含めたmPOS端末と顔認証+AIソリューションのご提案
飛天ジャパン株式会社 AI事業推進グループ 部長 浜崎 和彦氏

 
1. 決済端末においては日本の一歩先をゆく中国最新mPOS端末事情
中国モバイル決済の現状と課題から日本におけるQRコード決済サービスに関する動き、PCI認定決済端末の国内導入事例や中国最新mPOS端末製品についてお話しさせていただきます。
 
2. 顔認証+AIで無人店舗、業務効率化のご提案
小売店の無人店舗や入退室管理などで話題になっている顔認証、AI技術。飛天ジャパンでは設立当初から十数年行なっている認証技術をベースに、顔認証、顔認識、顔属性、動体分析などAIエンジンを駆使して提供しております。敢えて商品化せず、お客様の要望や環境に合わせてエンジン提供をしているのが特徴です。現在進行形の具体的な導入事例を交えてご提案させていただきます
 

13時30分~14時15分
●キヤノンITソリューションズ株式会社(Thales Japan)
Vormetric高速トークナイゼーション~カード番号だけじゃない、氏名や住所もトークン化!~

キヤノンITソリューションズ株式会社 ITインフラセキュリティ事業部 ゲートウェイセキュリティ企画本部 技術開発部 市場サポート課 太田高明氏

タレスジャパンが提供する「Vormetric Tokenization with Dynamic Data Masking(VTS)」の最新バージョンは、ダブルバイト文字に対応いたしました。これにより、カード番号や電子メールアドレスなどのシングルバイト文字に加え、住所や氏名などのダブルバイト文字もトークナイズ/デトークナイズできます。昨今、改正個人情報保護法やEU一般データ保護規則(GDPR)などの施行により個人情報の取り扱いが厳格化される一方で、データ利活用を促進する動きなどもあります。キヤノンITSは、重要データの保護対策と保存データの利活用について紹介させていただきます。

14時20分~15時5分
●ネットムーブ株式会社
対面加盟店向けクレジットカードセキュリティ
ネットムーブ株式会社 ペイメント事業部 営業グループ 山岡 幸徳氏

対面加盟店取引の IC化(EMV)、カード情報非保持化対策 P2PE等について実行計画やPCI、EMV の関連規格文書を解説しながら弊社ソリューションの概要をご説明します。

15時15分~16時
■最終ゲスト講演 Mastercard
最新の国際的な不正利用、セキュリティ対策の動向について
Mastercard エンタープライズ・セキュリティ・ソリューション ディレクター 丸山秀幸氏

・最新の国際的な不正利用の動向
・国際的なEMV、コンタクトレス、EMV 3Dセキュアの導入動向
・最新のセキュリティ対策の動向

参加費用

無料(参加には、おひとり様ごとの事前登録が必要です)
参加には事前登録が必要です。

定 員

100名

※当日の参加者はには以下の書籍をプレゼント!
・書籍「カード決済セキュリティ PCI DSSガイドブック」
・冊子「カード決済&セキュリティの強化書2018」

申込

下記のお申し込みフォームからお申し込みをお願いします。

 

本セミナーのお申し込みは締め切らせていただきました。

※本申し込みにあたりお預かりしたお客様の個人情報(氏名、住所、電話番号等)は、主催、協賛各社において、今後の営業、マーケティング、各社取り扱い製品またはサービスに関するご案内のために利用させていただきます。なお、ご記入いただきました個人情報につきましては、各企業の個人情報保護ポリシーに則って、適切に扱われます。

 

page toppagetop