Omise PaymentでPay-easy決済、ネットバンク決済開始(Omise Japan)

2018年8月7日20:28

Omise Japanは、同社が提供するオンライン決済サービス「Omise Payment」において、新たな決済手段としてPay-easy(ペイジー)決済、ネットバンク決済の対応を開始した。

Pay-easyは、全国の各種金融機関(都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、ろうきん、農協等)のATM・インターネットバンキングから、口座番号・支払い金額などの入力なしで支払いができる決済手段となる。全国300行以上の金融機関に対応している。

ネットバンク決済は、対象となる銀行のネットバンク口座を利用して支払いを行える決済手段だ。Omise Paymentが対応する銀行は楽天銀行、ジャパンネット銀行となる。2行合計で約1,019万口座が作成されており(2018年3月末時点)いる。

Pay-easy決済、ネットバンク決済の利用料金は決済手数料が必要となる。月額利用料、初期導入費用は0円。決済手数料は0.5%+150円となっている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop