「売れるネット広告つくーる」が後払い決済サービス「アトディーネ」とシステム連携(売れるネット広告社)

2018年8月9日7:30

売れるネット広告社は、Fusicと共同開発した単品リピート系商材の売上を高めるASPサービス「売れるネット広告つくーる」が、ジャックス・ペイメント・ソリューションズが提供する、後払い決済サービス「アトディーネ」とシステム連携したと発表した。今後は、「売れるネット広告つくーる」で作成したランディングページから企業等が申し込みむ際の、決済サービス手段の1つとして、選択することが可能だ。

「売れるネット広告つくーる」経由の申込みにおいては、最も選択される支払い手段は後払い(売れるネット広告社調べ)

「アトディーネ」は、ジャックスグループが提供する後払い決済サービスであり、信販会社64年のノウハウを活かした適正な与信が売りとなっている。不正・いたずら注文への対応、反社会的勢力との契約排除チェック機能も有しているそうだ。

なお、売れるネット広告社が過去18年間で累計200億円以上の広告費をクライアントから預かって実施した【A/Bテスト】の結果によると、広告入口の新客獲得施策においては、「後払い」をデフォルト決済手段とすることで、CVR(申込率)が最大化されることが分かったという。

「売れるネット広告つくーる」とジャックス・ペイメント・ソリューションズとの連携を記念して、サービス手数料2.70%、請求書発行費160円(税別)、初期・月額固定費:0円となる新規提携キャンペーンを実施する(条件適用期間は申込月を含めた6カ月間)。

page toppagetop