「イオンカード」がオーダーシステム「Putmenu」対応開始(イオンクレジットサービス)

2018年8月10日12:37

イオンクレジットサービスは、イオンカードの新たな決済メニューとして、ボクシーズの関連会社であるプットメニューが提供するスマホオーダーシステム「Putmenu」への対応を開始すると発表した。

画面イメージ(イオンクレジットサービス)

「Putmenu」は、ボクシーズが2015年から開始したサービスで、スマートフォンに事前にアプリをダウンロードしてもらうことで料理の注文から決済までスマートフォン上で行えるサービスだ。ショッピングモール内のフードコートの場合、料理提供時の呼び出しまでスマートフォンで完結するため、利用者はショッピングモール内での買い物中に料理の注文と支払いを先に済ませ、行列に並ぶことなく、フードコートの席で料理を待つことが可能となる。

同サービスは2018年1月、イオンフィナンシャルサービスが主催するビジネスコンテスト「AEON Financial Service Innovation 2017」で、最優秀賞に選ばれた。同コンテストは、新たなフィンテックサービスの早期実現を目的として2015年度から開催しているもので、第3回目となる2017年度の最優秀賞を授賞した「Putmenu」は、イオングループ内での事業化・サービス導入の実現に向けた検討を進めてきた。すでに1月16日より、イオンモール幕張新都心のフードコート内「おひつごはん四六時中」にて、同サービスが導入されたが、このほど新たな決済手段としてイオンマークのカードが加わることとなった。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop