乗車回数や電子マネーでポイントが貯まる「ICOCAポイント」を10月に開始(JR西日本)

2018年8月13日12:53

JR西日本は、ICカード乗車券「ICOCA」のポイントサービス「ICOCAポイント」を10月1日に開始する。

同サービスは、列車の乗車回数や一部のICOCA加盟店でのICOCA電子マネーの利用に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントをICOCAにチャージすることで、列車や買い物に利用できる。

ICOCAポイントには、列車の利用で貯まる「時間帯指定ポイント」「利用回数ポイント」と、買い物で貯まる「電子マネーポイント」がある。

時間帯指定ポイントは、京阪神地区の特定の区間における、平日の10時から17時まで、または土休日・年末年始の終日(始発列車から最終列車まで)の区間ごとの利用回数が1カ月間に4回以上の場合、4回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の30パーセントまたは50パーセントのポイントが貯まるという。利用回数ポイントは、JR西日本のICOCAエリアにおける、同一運賃区間の利用回数が1カ月間に11回以上の場合、11回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の10パーセントのポイントが貯まるそうだ。

電子マネーポイントは、一部のICOCA加盟店でのICOCA電子マネーのご利用に応じてポイントが貯まるサービスだ。

1,800万枚を発行するICOCAの利用者は、ポイントを貯めるため、利用登録(無料)が必要となる。利用登録は、サービス開始に先立ち、ICOCAエリアの駅の一部の自動券売機では8月20日(月曜日)以降順次、WEB(パソコン・スマートフォン)では8月下旬(予定)から可能となる。

利用登録した人は、ICOCAで、JR西日本のICOCAエリア内の列車を利用したり、一部のICOCA加盟店でのICOCA電子マネーを利用した場合、1カ月間(1日から末日まで)の利用実績に応じてICOCAポイントが付与される。また、貯まったICOCAポイントは「1ポイント=1円」で換算し、利用月の翌月6日以降にチャージすることで、列車や買い物に使用可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop