国立美術館の運営施設でAlipay決済対応(オリコ)

2018年8月13日16:18

オリエントコーポレーション(オリコ)と独立行政法人国立美術館は、国立美術館が運営する施設において、訪日中国人向け電子決済サービス「Alipay(支付宝:アリペイ)」の取り扱いを2018年8月14日より開始すると発表した。

Alipay決済のイメージ(オリコ)

なお、国立の文化施設においてAlipayの導入は初であり、「東京国立近代美術館」に先行導入の後、「国立映画アーカイブ」、「国立西洋美術館」、「国立国際美術館」、「国立新美術館」へ導入する。

国立美術館は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立映画アーカイブ、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館の6つの美術館を設置している。年々増加する訪日外国人に対するサービス向上のため、2017年から金・土曜日の夜間開館の拡充、作品解説や音声ガイドの多言語化(英中韓)対応など、美術館を訪れるインバウンド受入のための取り組みを強化している。今回、チケットの円滑な購入を目的として、訪日中国人のニーズに対応した決済インフラの整備を図った。

オリコは、訪日外国人の旅行消費額の38.7%を占める中国人のインバウンド需要を取り込むことを目的に、Alipayの日本での提供を2016年8月から開始しており、今後もAlipayの提供に加え、Alipay導入加盟店の詳細やお得な情報を調べることができるツール「DISCOVER(ディスカバー)」の活用の促進などにより、提携各社の売上拡大に向けた支援を強化していく方針だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop