「みずほダイレクトアプリ」がおつりで投資サービス「トラノコ」と連携(みずほ銀行/TORANOTEC)

2018年8月14日7:50

みずほ銀行と、資産運用アプリの開発・運営を行うTORANOTEC(トラノテック)は、このほど、スマートフォン向けアプリを通じたデジタルの資産形成分野において連携し、2018年8月13日よりみずほ銀行の利用者へサービスを開始した。

みずほダイレクトアプリ」、おつりで投資サービス「トラノコ」との連携イメージ(みずほ銀行)

具体的には、みずほ銀行が提供中の個人の利用者向けスマートフォンバンキング「みずほダイレクトアプリ」と、トラノテックのおつりで投資サービス「トラノコ」を連携する。また、みずほダイレクトアプリを経由して「トラノコ」の新規口座開設を行い、みずほ銀行を引落口座に設定した人は、「トラノコ」の月額手数料が通常3カ月無料のところ6カ月間無料となる。今後、おつりで投資サービスにより第一歩を踏み出した人が非課税枠などを活用した他の資産形成を行う時には、みずほ銀行が提供する商品・サービスを案内することも想定している。

なお、おつりで投資サービス「トラノコ」は、クレジットカードや電子マネー等の日々の買い物のデータと、予め設定した「おつり」算出単位に基づき、買い物の「おつり」に相当する額を毎日コツコツ自動的に投資資金として積み上げ、資産運用を行うことができるトラノテックの完全子会社であるTORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供するサービスだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop