JCB・Visaブランドの「池田泉州デビット」を発行(池田泉州銀行)

2018年8月28日14:26

池田泉州銀行は、同行グループ会社の池田泉州JCB・池田泉州DCと共同で、「池田泉州デビット」の取り扱いを、2018年9月3日から開始すると発表した。JCB・Visaの2ブランドによるデビットカードの取扱いは、近畿地銀初となる。

池田泉州デビット(池田泉州銀行)

「池田泉州デビット」は、15歳以上(中学生を除く)の人が誰でも保有できるカードで、預金口座からの即時支払いとなる。年会費は、初年度無料、次年度以降1,000円(池田泉州JCBの家族会員400円)。ただし、前年度1年間のショッピング利用額10万円以上、会員の年齢23歳以下など、所定の条件を満たせば、2年目以降の年会費も無料となる。

国内外のJCBまたはVisaの加盟店およびインターネット上で利用でき、あらかじめ自身で利用限度額を設定することができる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop