Amazon Payスマートフォン決済が可能な実店舗向け決済システムを開発(NIPPON PAY)

2018年8月29日20:08

NIPPON PAY(ニッポンペイ)は、このほど、実店舗でのAmazon Payスマートフォン決済が可能な日本初の実店舗向け決済システムを開発したと発表した。同サービスは、2018年8月29日よりニッポンペイ100%子会社のNIPPON Tablet(ニッポンタブレット)のタブレット端末でのみ利用が可能となる。

ニッポンタブレットのタブレット端末で、Amazon Payによる実店舗でのスマホ決済が可能に

Amazon Payは、Amazonアカウントに登録した配送先やクレジットカード情報を利用して、Amazon以外のECサイトでも買い物できるサービスだ。今回、ニッポンタブレットのタブレット端末に、Amazon Payを導入することで、Amazon Payは新たにスマートフォンによる実店舗での決済が可能になった。これにより、消費者が店舗などで商品の代金の支払い時に、あらかじめスマートフォンにインストールしておいたAmazonショッピングアプリを起動し、スマートフォンの画面に表示されるQRコードを店舗側がタブレット端末で読み取るだけで、決済が完結できるようになる。

また、支払った金額は、消費者がAmazonに登録しているクレジットカード経由で銀行口座から引き落とされる。

なお、ニッポンタブレットでは同サービスの開始を機に、福岡市が進めるキャッシュレス化普及を目的とした実証実験の一環として、福岡市とともに同市内の店舗を対象に、2018年8月29日から、Amazon Payを利用したスマートフォン決済に対応するためのタブレット端末の提供を開始している。

現在、Amazon Payによる実店舗スマートフォン決済に対応できるのは、ニッポンタブレットのタブレット端末のみであり、同社では8月29日よりタブレット端末無料レンタルの申し込みを開始している。2018年12月末までにAmazon Payの申し込みと、ニッポンタブレットの無料レンタル申し込みを同時にした店舗を対象に、2020年末までの約2年間の決済手数料が0%になるキャンペーンを実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop