ローソンがVisaのタッチ決済を導入(Visa)

2018年9月11日15:21

ビザ・ワールドワイド(Visa)は、ローソンが国際標準規格のType A/Bによる非接触決済を導入し、2018年9月11日より全国のローソン(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100)1万4,289店舗のレジで、Visaのタッチ決済の利用が可能になったと発表した。

Visaのタッチ決済は、日本を含む世界70以上の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法だ。店員にカードを渡すことなく、レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカード(クレジット・デビット・プリペイド)をタッチするだけで、サインや暗証番号の入力も不要で支払いが完了する。世界では、多くの国で非接触決済が一般的になっており、2020年までには世界の全カードの約50%が非接触対応になると考えられているそうだ。

なお、同日から、Team Visa アスリートでBMX選手の中村 輪夢さん出演のVisaのタッチ決済の動画を公開している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop