東芝テック等、沖縄県全域での電子レシートを活用した販売促進連携プロジェクト

2018年9月12日19:42

東芝テック、リウボウストア、丸大、コープおきなわ、ビッグワン、オム・ファム、フォーモスト ブルーシールは、沖縄県全域の47店舗において2018年9月12日から2019年3月11日までの6カ月間、『電子レシートによる沖縄主婦の生活利便性向上プロジェクト』を実施すると発表した。同プロジェクトでは、東芝テックが運営している電子レシートシステム「スマートレシート」を使用し、沖縄県内で業種・業態の異なる小売店舗における販売促進連携による買い回りを実現する国内初の取り組みだという。同プロジェクトを通じ、沖縄に暮らす人々にとっての買物利便性の向上、および沖縄県の経済活性化を目的とし、期間中3万人の参加を目指す。

システム概要図とプロジェクト参加企業

同プロジェクトにより、消費者はレシート、クーポン、スタンプカードの一元管理、自動分類による簡易家計簿、小売業は顧客数・顧客単価の向上、購買履歴データ活用による販促効果の向上、メーカーは個人を起点とした沖縄地区統一のダイレクトプロモーションが可能といったメリットがあるそうだ。

今後、スマートレシートをプラットフォームとして活用することにより、消費者や企業にとって利便性の高いシステムが構築でき、買い回りによる消費者購買行動(消費者属性、商品カテゴリ、購買エリアなど)を分析し、データ活用による参加消費者・企業への還元を目指すという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop