チケッティングの電子化、非接触ICプリペイド決済サービスを検証(パナソニック/ぴあ)

2018年9月14日18:14

パナソニックとぴあは、スポーツやエンターテインメントなどのチケッティングを幅広いサービスに対応できるように電子化することで、来場者がスタジアム・アリーナで受けることができるサービスを新たに提案し、来場者の体験価値を高めることを目指した取り組みを開始すると発表した。

スタジアムサービスプラットフォームの概念図(パナソニック/ぴあ)

パナソニックとぴあは、スタジアム体験の入り口であるチケッティングサービスとスタジアム内の設備、端末から得られる情報を一元的に連携することによって創出される新たなスタジアムサービスを、さまざまなビジネスパートナーと連携し開発・推進していくそうだ。 具体的には、ゲート認証、ルート案内、キャッシュレス決済、アクティビティなどの各種サービスを、電子化されたチケットデバイス(スマートフォン、非接触ICカード、ウェアラブルなど)を通じて情報連携することにより、来場者が施設を快適に、楽しく利用できる環境を整えていきたいとしている。そして、運営面においても省人化、効率化に繋がるサービスの開発を目指す。

同取り組みの第一弾として、2018年11月24日、パナソニックスタジアム吹田で行われる、サッカー・明治安田生命J1リーグ、ガンバ大阪 vs V・ファーレン長崎戦において、 新たなスタジアムサービスの実証実験を行う。具体的には、大日本印刷、三井住友カードと共同で、Jリーグの公式戦において、3万人規模のホーム側全ての来場者が電子化されたチケットで入場することで実現できるスタジアムサービスプラットフォームの検証を行うそうだ。

現在、ガンバ大阪では約57%の来場者が紙チケットにて入場し、運営スタッフが目視にてチケット券面の確認、一時退場の際には再入場スタンプによる管理している。また、スタジアム内のグッズ、飲食店舗はキャッシュレス対応しているものの、その利用率は、10~20%程度(取り扱い件数ベース)に留まっている。

同実験では、すべての来場者にファンクラブカード、スマホQRチケット、ウェアラブルチケットなどの電子チケットをもってもらう。そのチケットデバイスを利用して、スムーズなゲート入場、国際ブランドの非接触ICプリペイド決済サービスによるグッズや飲食の支払い、さまざまなアクティビティへの参加などのアクションを行ってもらい、新たなスタジアム体験をしてもらう予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop