「dポイント」と連携、[.st]ポイントと共に使用可能に(アダストリア)

2018年9月21日12:36

アダストリアは、NTTドコモが提供するポイントサービス「dポイント」と連携し、2018年9月20日よりアダストリアが展開する国内約1,350店舗と公式WEBストア[.st](ドットエスティ)で、[.st]ポイントと共に使う、貯めることが可能となったと発表した。

アダストリアが展開する[.st]は、約780万人の会員とドコモのdポイントクラブの会員、約6,652万人の利便性とサービス向上に向けて、ポイントサービスの連携を開始する。

利用者は、アダストリア店舗や[.st]での買い物時にdポイントを利用するため、アダストリアの公式WEBストア[.st]内において事前に [.st]の会員情報と利用者情報登録済みのdポイントカード の連携を行う必要がある。[.st]会員ではない人もしくはdポイントカードの利用者情報登録を完了していない人は、それぞれの公式サイトで手続きが必要だ。

[.st]会員情報とdポイントカード[K1] を連携(アダストリア)

利用者は、全国のアダストリア店舗での買い物時に、[.st]の会員バーコードを提示することにより、dポイントが1ポイント1円として利用できる。また[.st]での買い物時も、同様にdポイント1円として利用できる。

さらに、全国のアダストリア店舗での買い物時に、[.st]の会員バーコードを提示することにより、購入金額100円(税抜)ごとにdポイントが1ポイント貯まる。[.st]で買い物する場合も同様に購入金額100円(税抜)ごとにdポイントが1ポイント貯まる。

また全国のアダストリア店舗や[.st]で買い物時に、購入金額100円(税抜)ごとに会員ランクによって3-5%の[.st]ポイントが貯まる。

アダストリアとドコモは、両社が保有する会員基盤と、広告宣伝媒体(両社のアプリケーションやメール配信基盤、ドコモのdメニューやアンケート基盤等)を活用した新たなマーケティング施策の実施に向けて検討を進めていくという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop