英国SMEの味方が時価総額23億ドル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年9月26日9:00

英国でスモールビジネス対象の融資を主力にしているチャレンジャーバンク、オークノース(OakNorth)が1億ドルを調達した。これで時価総額は23億ドルとなった。

 

オークノースは2015年3月の設立で、本社はロンドン。今回を含め、これまで6回のラウンドで6億ドル強を調達している。

 

今回調達した資金は、融資ビジネスの拡大と独自のAI技術(Acorn Machines)の販売強化に使う。

 

オークノースは2017年に1,060万ドルの利益を計上したが、これが今回の調達を呼び込んだ。2016年は310万ドルの赤字だった。やはり、黒字転換したというのは大きい。

 

スモールビジネスへの融資残高は、創業からわずか3年で22億ポンド(3,150億円)になった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop