「楽天ペイ(アプリ決済)」が「ポプラグループ」のコンビニエンスストア全店舗で導入(楽天)

2018年9月26日21:39

楽天は、運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、ポプラの運営する「ポプラ」、「生活彩家」をはじめとする「ポプラグループ」のコンビニエンスストア全店舗で導入されると発表した。サービスの開始は2018年12月中旬で、全国の「ポプラグループ」のコンビニエンスストア約470店舗でスマートフォンによる支払いが可能となる。

「楽天ペイ(アプリ決済)」(楽天)

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録することで、スマホで決済ができるサービスとなる。提示されるQRコードにスマホをかざす「QR読み取り」、バーコードをお店で読み取ってもらう「コード表示」、支払うお店を選択して金額を入力する「セルフ」の3パターンの支払い方法がある。「楽天ペイ(アプリ決済)」の利用で、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることができる。

支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ(アプリ決済)」

(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯めることができる。「ポプラグループ」で導入されるのは「コード表示」タイプの支払い方法で、利用者がスマホ画面に表示したバーコードを店舗が読み取ることで決済が完了する。

「ポプラグループ」では2014年10月より楽天が運営する楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入しており、利用者は「楽天ポイントカード」や「楽天ポイントカードアプリ」を提示することで100円の買い物につき1ポイントの「楽天スーパーポイント」を貯めることができる。今後は楽天のサービスを組み合わせて、「楽天カード」を引き落とし先として設定して「楽天ペイ(アプリ決済)」で支払う際に、「楽天ポイントカード」を提示すると、「ポプラグループ」のコンビニエンスストアでは200円の買い物につき合計で5ポイントの「楽天スーパーポイント」を獲得することができるようになる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop