ロシアの金融機関Sberbankと提携(JCB)

2018年9月27日19:06

ジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、ロシア最大手の金融機関Sberbank(ズベルバンク、本社:モスクワ)と提携し、同行のカード加盟店におけるJCBの取り扱いを開始したと発表した。Sberbankは、今後順次、カードおよびJCBコンタクトレス加盟店を拡大していくという。

Sberbankは、帝政ロシア時代の1841年に設立されたロシアでもっとも古い銀行となる。同国の金融機関資産の3分の1を有し、国民の約7割が同行の口座を保有しているそうだ。また、同国内に1万4,000以上の営業拠点を展開するなど、最大のカード加盟店網を有している。

今回の提携により、大型量販店やスーパーマーケット、携帯電話会社やEコマースなど、日常生活分野でのJCB加盟店が増え、ロシアのJCBカード会員の利便性が大きく向上する。また、JCB会員の多いアジアからの渡航客の利便性も向上すると期待している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop